3月11日

3月11日に発生した地震から、明日で一週間が経つことになります。

その日はお友だちのpikiちゃんが、
11ヶ月になる愛息子mくんと一緒に、神奈川から遊びに来てくれていました。


正午頃、駅にお迎えに行き、お家で餃子を囲んでランチ。

ひと息ついた後、約束していたお菓子作りを始め、
オーブンに入れて焼きあがりを待っていたその時、尋常でない激しい揺れに襲われました。

20110311_001

なかなか止まらない揺れと、
目の前で落ちては割れていく食器の音に
現実のものとは思えない恐怖を感じながら、慌てて安全な和室に移動。


揺れがひと段落した隙に家の外に出て、近所の広場でしばらく避難しました。

この辺りは震度6強だったのだそう。

とにもかくにもpikiちゃんとmくんがケガをせず無事でいてくれて、本当によかった!
せっかくはるばる来てくれたのに、こんなことになるなんて。


しばらくして、オットも無事に会社から帰宅。

その日は電車が動かなかったため、
pikiちゃん親子も我が家で一緒に夜をすごしました。

ガスと電気が使用できず、
どんどん暗く寒くなっていく中、
ラジオによって情報を得、
時折起きる余震にドキドキしながら朝を迎えました。


翌日の昼間に電気が使用できるようになり、
テレビであらためて その災害の惨状を目にし、
大きなショックと信じられない気持ちでいっぱいになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幸いなことに、家族や親戚、友人は皆、無事でした。

被害が大きかった地域の方々のことを考えると、
今こうして生活できていることをありがたく感じると共に、
いてもたってもいられないような、落ち着かない気持ちにおそわれます。


せめてと節電に努めつつ、
趣味や仕事で毎日のように使用していたオーブンやパソコンなどが、
電気を使うものばかりだったことも実感。

毎日当たり前のように触れていたものから離れてみたところ、
なんだかぐるぐる考え事をする時間が増えてしまいました。

でも、もっとつらい現実と向き合っているヒトが、たくさんいらっしゃるのですよね。


そんな中、
この地震をきっかけに、それまであまり話したことのなかった、
お隣の方と接する機会ができました。

地域のつながりや、支えあうことの大切さをしみじみ感じています。


安否の確認で連絡をくださった方々にも、本当に感謝しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日から、おととい震度6強の地震があった静岡県にある、オット方の実家に帰ります。
現在お父さんが韓国に単身赴任中で、お母さんがひとりで生活をしているのです。


余震や原発など、
まだまだ不安な状況ですが、
少しでも早く、多くの方々に、
安心で安全な生活が訪れてほしいと願うばかりです。
スポンサーサイト
プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード