ビストロランチで旅のしめくくり。

■'12バスクへの旅:8日目

旅の最終日。

残っていたヨーグルトやガトー・バスク(まだあった…)などで軽く朝ごはんをすませ、
ホテルをチェックアウト。
フロントでスーツケースを預かってもらい、いざ出発です。

この日の目的は「ビストロでランチをすること」。
飛行機のフライト時刻が19:30だったので、夕方くらいに空港に向かうつもりで計画を立てました。

で、お店をどこにするか、ずーっと悩んでいたのですが…
気になるビストロがあるのは、レ・アルLes Ha界隈だったので、
結局昨日と同じところに行くことになったのでした(笑)

matka_baski_24_002_up.jpg matka_baski_24_003_up.jpg matka_baski_24_004_up.jpg

そしてまたまた『ストレー Stohrer』。

パリのパティスリーコンクールで上位に輝いたというエクレアを食べてみたかったのです。
2種類あったのですが、コーヒー味のエクレール・キャフェの方にしました。
ひとつだけというのもなんなので、クイニーアマンも一緒に。

エクレア、シュー生地がしんなりしてしまっていたのが残念だったのですが、
中のコーヒー味のパティシエールは濃厚でおいしかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カフェでコーヒーを飲んでひと休みしてから、
目星をつけていたビストロ数軒を表からのぞいては「どうかなぁ?」と、検討。

ようやく「ここにしよっか」というところを見つけ、開店時刻を確認したら12:00からとのこと。
まだ時間があったので、昨日めぐった調理道具屋さんなどを眺めてすごしました。

そして、昨日も行った本屋さん『Librairie Gourmande』で、
とっても魅力的な本を発見したのですー。

matka_baski_24_021_up.jpg matka_baski_24_019_up.jpg

ATLAS DE LA FRANCE GOURMANDE』という、フランス各地の特産品をイラストで楽しく綴った本。

子供用の書籍が並ぶ棚にあったのですが、フランス語のよくわからない私にはちょうどよく、
地図つきのおもしろいイラストたちに釘づけ。

オットに「この本、すっごくすてきなんだけどー!」と、ページをめくりながら興奮気味に話していたら、
「買っていいよ」とうれしいお言葉。

どうもありがとうー!!!
大喜びで袋を抱きしめ、店を後にしたのでした。

matka_baski_24_006_up.jpg matka_baski_24_009_up.jpg

そしてようやくビストロの開店時間。

matka_baski_24_008_up2.jpg

15€でメインに前菜かデザートをつけられるコースで、ふたりとも前菜の方にしました。
乾杯用の炭酸水(下戸なので…)と食後のカフェクレームもあわせてオーダー。

そして肝心なのが細かいメニュー選び。

しかしながら、
ふたりしてフランス語メニューを解読できず…
お店の方も英語がわからず…

ということで、「これはきっとあれだよー」という想像のもと、危ういオーダーをしてみました。
おかげでテーブルにどんなお料理が運ばれてくるのかドッキドキ。

※すみませんが、ここからは写真がないので、イメージしていただけると幸いです…(笑)

前菜は、オットが テリーヌ・ド・カンパーニュ、私がポーチドエッグののったサラダ。
添えられたパンも、おいしい♪

そしてメイン。
隣のテーブルをちらりと拝見したら、生肉のタルタルがどーんののったプレートだったりして、
「ひー、あれが来たらどうしよう…」とハラハラしていたら、
お互いだいたい予測していた感じのものがやってきて、ホッ。

オットはブッフ・ブルギニヨン(牛肉の赤ワイン煮込み・ブルゴーニュ風)、
私はポワローネギの炒め煮(?)を添えたサーモンのソテー。


どのプレートもとてもおいしく、
そしてとても美しく盛られていて、
この旅最後のランチを心地よくしめくくることができました。

matka_baski_24_012_up.jpg

お食事の後はモンパルナスに戻り、
買いそびれていたものを購入してからスーツケースを受け取るため、急いでホテルへ。

途中、遠くの方にうっすらとエッフェル塔を見ることができました。

matka_baski_24_014_up.jpg matka_baski_24_015_up.jpg

モンパルナス駅からエールフランス・シャトルでシャルル・ド・ゴール空港へ。

「ははは、結局、観光名所とか行かなかったねー。」

せめて車窓から何か見えるかしら??と、必死で景色を眺めてすごしたのでした。
(見えなかったんですけどね。。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無事空港に到着。
チェックインをすませ、空港内を歩いていたら、ラデュレLadureeを発見。

「こういうのも食べてなかったねー」と、2つ購入。
日本にもあるけれど、一応本場ということで(笑)

matka_baski_24_016_up.jpg

上のオレンジ色は「キャラメル・ブール・サレ」で、塩キャラメル入りのバタークリームがサンドされたもの、
下のむらさき色は「ギモーブ・バイオレット」で、スミレの花の香りのマシュマロがサンドされていました。

どちらもやはりけっこう甘い…

マカロン系のものだと、フランスバスクのサン・ジャン・ド・リュズで食べた、
『PARIES』の「ムシュー」が個人的には好みのお味と食感でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふと気づくと周りにたくさんの日本人。
「あーもう日本へ帰るのね…」とちょっぴり現実に戻った感じ。

その後約12時間のフライトを経て、成田空港に到着したのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パリ経由、バスクへの旅。
いやはや今回も、予想通り ほんとに たくさん食べてたくさん歩いた旅でした。

街並みや雰囲気は、バスクの方がのんびりしていて好きでしたねぇ。
雨降りの中ではあったけど、つかの間のスペイン気分を満喫できたのも、貴重な体験でした。

ガトー・バスク、せっかくたーくさんお味見させてもらったので、
日本に帰ったらぜひとも作ってみよう、と決意。


とにもかくにもひさびさのヨーロッパ、たっぷり満喫させていただきました。
オットよ、どうもありがとうねー!!
スポンサーサイト
プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード