スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しのルーネベリタルトRunebergintorttu

先日クリスマス用に焼いたスパイスビスケットPiparkakkuがルーネベリタルトRunebergintorttuに変身しました。

runebergintorttu_02

どういうことかというと…
粉々にくだいたスパイスビスケットPiparkakkuが生地の中に混ぜこまれているのです。
焼きあげた生地には、りんごジュースにお酒を加えたシロップをたっぷりしみこませています。
トッピングは甘酸っぱいラズベリージャムと白いアイシング。

アイシングの水分が多くなってしまい、白い輪っかがダレてしまったのですが…
次に作る時はもっとしっかり土手のようにジャムを支えてくれるくらいにしたいなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお菓子、フィンランド国家を作詞した詩人、ルーネベリJ.L.Runerberg(1804-1877)さんのお気に入りだったらしく、
彼の誕生日である2月5日近くになると、スーパーやお菓子屋さんにも登場し始め、よく食べられているのだそう。

彼が暮らしていたポルヴォーPorvooという街のカフェでは季節を問わず並んでいるようで、
私も以前ポルヴォーPorvooに出かけた時、いただきました。

↓ポルヴォーのカフェで食べたもの。いちばん右はルーネベリさんの銅像です。
runebergintorttu_04 runebergintorttu_03 runebergintorttu_05

その時口にしたものは、ちょっとパサついてしまっていたうえに
スパイスなのかナッツなのか少しえぐみのようなものも感じたため、
残念ながらあまりヨイ印象ではなかったのですが、
独特のフォルムや彩り、ポルヴォーでの想い出から、「いつか自分で作ってみたいなあ」と興味を抱いていたのです。

porvoo_001 porvoo_004
porvoo_006 porvoo_003

ある時レシピを見て、くだいたピパルカックPiparkakkuを混ぜることを知り、
「クリスマスにはビスケットを多めに焼いておいて、このお菓子を作るぞ~」と企んでおりました。

joulu09_08

スパイスたっぷりのピパルカックPiparkakkuは、砕いたそばからとってもいい香り。
生地を混ぜてる時から、「これはおいしくなりそうかも」という期待がこみあげていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

見た目はちょっと不恰好ですが、お味はなかなかでした。

アーモンドパウダーも入っていろんな味がギュッと詰まった香ばしい生地が
シロップのおかげでしっとりとして、けっこう、好きな感じ。


スパイスクッキーは作り手によって味や風味が異なったりするので、
またさらにいろんな味わいのルーネベリタルトができ上がるんだろうなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日で今年最後のフィンランド語レッスンだったので、
「1年間ありがとうございました」の気持ちをこめて持っていきました。


いちにちいちにち、新しい年が近づいてきています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

行きたい!

今、仕事に追われています…。
ポルヴォー行きたい!行きたい!行きたい!
ちょっと叫んで発散です。

ルーネベリタルトってかわいいね☆&美味しそう☆

今度ぜひ♪

>momoちゃん

おぉ~、年末なのに大変だねv-356
今日もふと「momoちゃんどうしてるかなぁ~」と考えていたの。
無理して体調崩さないようにしてね◎

ポルヴォー、かわいいお家がたくさん並んでて、
水辺の景色もキラキラしてて、ステキなとこだよね♪
わたしもまた行きたいなあ~
いつか一緒に歩けたらいいねえv-22

ルーネベリタルト、今回初めて作ってみて、私的にヒットな感じだったので、
またmomoちん家おじゃまする時とかに作ってくね♪
ひとまずこれでポルヴォー気分を楽しみましょ~v-273
プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。