スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーロラの実 le-fruit-de-l’aurore

洋菓子メーカーに勤めていた時の先輩・M姉さんが、
自家製コンフィチュールの通信販売を始められました。

hillot_001

お店の名前は『le-fruit-de-l’aurore』。
フランス語で『オーロラの実』という意味だそうです。


M姉さんは、洋菓子メーカーを退職された後、
日本でパティシエとしてのキャリアをスタート。
その後フランスに渡り、
アルザスやストラスブールでお菓子やパン、コンフィチュールなどの修業をし、
フランス国家資格CAPパティシエ、CAPブーランジェの資格も取得し、帰国されました。

そして、本年より、ご自身のブランドを立ち上げ、お店をOPENされたのです。


ちなみに、アルザスでは『ジャムの妖精』として有名な、
クリスティーヌ・フェルベールさんのお店で働かれていたことも。

そんなM姉さんの作るコンフィチュールと聞いたら、もう頼まずにはいられません!

hillot_003

初めてのお取り寄せでお願いしたのは、
『リュバーブ×パイナップル』と、『マンゴー×ウバ』の2種類。

日本ではなかなか食べられないリュバーブ、
マンゴーと紅茶というめずらしい組み合わせ、に惹かれ、このふたつを選びました。


ガラス越しに透ける果肉とジュレがキラキラ輝いて、とってもキレイ。

どちらもフルーツ自体の旨みとみずみずしさが絶妙にひきだされた美味しさ。
程良い大きさと食感に煮詰められた果肉の食感が心地よく、
ある意味とっても贅沢なデザート、といった感じです。

あらためて、M姉さんのフランスでの日々や努力を実感し、感激でいっぱいになりました。



尚、お店のロゴやコンフィチュールのラベル、WEBページのデザインなどは、
同じく洋菓子メーカー時代の先輩・Aさんが手がけられています。

おふたりは当時から公私共に仲良しの息ぴったりコンビだったので、
時を経て、M姉さんの夢の実現にAさんが関わられているということ、
後輩ながら、感慨深く想っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今はコンフィチュールのみを扱われていますが、
ゆくゆくは焼き菓子などの販売も考えていらっしゃるとのこと。

その日が、今から待ち遠しいです!


『le-fruit-de-l’aurore』

  ↓WEBページ
   http://www.le-fruit-de-laurore.net/
  ↓コンフィチュールの紹介ページ
   http://marche.le-fruit-de-laurore.net/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。