スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンドDVD

ひとりでお菓子やパンを作っている時、
テンションUP&フィンランド語の学習にと、
ここのところたいてい傍らで流しているのがこのDVD。

kikin

同世代の方々なら一度はご覧になっているのでは?
そう、「魔女の宅急便」です。


このフィンランド語版のDVDは、
昨年ヘルシンキに行った際、
オットから
「セリフ覚えてるくらい好きな映画のフィン語版とか見たら勉強になると思うよ。」
とのアドバイスを受け、購入したもの。

セリフは日本語とフィンランド語、
字幕はフィンランド語と字幕なしに切り替えられます。

もともとが子どもから楽しめる映画であるため、言葉がわかりやすく、
画面を見ずに音だけ聞いていても、
たまーに知ってる単語が聞き取れたりしてちょっとうれしくなったりします。
逆に映画の中で耳にした単語がフィン語の授業の時出てきて「そうか!」ってつながったり。

フィンランド語には旋律のようなリズム感があるので、
聞いているだけでもとってもおもしろいのです。

中でも私が気に入っている響きのセリフがありまして…↓

「Musta kissa,musta mekko,musta tukka...(ムスタキッサ、ムスタメッコ、ムスタトゥッカ…)」

キキが修行に旅立つため、魔女の制服である黒服を母親から渡され、
着替えた時に髪をかきあげながら言うひとこと、

「黒猫に黒服でまっくろくろだわ。」

というもの。

うう、書きことばではちょっとわかりづらいかもですね。
なんだか早口ことばみたいで韻を踏んだ感じが耳に心地よいのです。


ところで実はこの映画、小学生の頃、父に初めて連れていってもらった
想い出深い映画でもあるのです。

父と妹と連れだって家から自転車を10分くらいこぎ、
ダイエーの中の小さな映画館で観た物語。
感動で胸がいっぱいになって、その後本を買ってもらったり、
テレビで放映されたらビデオを録って何度も観たりと、
ずっと大好きだったその物語を
大人になって違う国の言葉でまた何度も観ることになるとは。


キキが暮らしているのがパン屋さんなので、
お菓子やパンを作りながらの気分にしっくりきます。

睡眠学習じゃないけれど、これで少しはフィンランド語も上達していくといいなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。