3月11日

3月11日に発生した地震から、明日で一週間が経つことになります。

その日はお友だちのpikiちゃんが、
11ヶ月になる愛息子mくんと一緒に、神奈川から遊びに来てくれていました。


正午頃、駅にお迎えに行き、お家で餃子を囲んでランチ。

ひと息ついた後、約束していたお菓子作りを始め、
オーブンに入れて焼きあがりを待っていたその時、尋常でない激しい揺れに襲われました。

20110311_001

なかなか止まらない揺れと、
目の前で落ちては割れていく食器の音に
現実のものとは思えない恐怖を感じながら、慌てて安全な和室に移動。


揺れがひと段落した隙に家の外に出て、近所の広場でしばらく避難しました。

この辺りは震度6強だったのだそう。

とにもかくにもpikiちゃんとmくんがケガをせず無事でいてくれて、本当によかった!
せっかくはるばる来てくれたのに、こんなことになるなんて。


しばらくして、オットも無事に会社から帰宅。

その日は電車が動かなかったため、
pikiちゃん親子も我が家で一緒に夜をすごしました。

ガスと電気が使用できず、
どんどん暗く寒くなっていく中、
ラジオによって情報を得、
時折起きる余震にドキドキしながら朝を迎えました。


翌日の昼間に電気が使用できるようになり、
テレビであらためて その災害の惨状を目にし、
大きなショックと信じられない気持ちでいっぱいになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幸いなことに、家族や親戚、友人は皆、無事でした。

被害が大きかった地域の方々のことを考えると、
今こうして生活できていることをありがたく感じると共に、
いてもたってもいられないような、落ち着かない気持ちにおそわれます。


せめてと節電に努めつつ、
趣味や仕事で毎日のように使用していたオーブンやパソコンなどが、
電気を使うものばかりだったことも実感。

毎日当たり前のように触れていたものから離れてみたところ、
なんだかぐるぐる考え事をする時間が増えてしまいました。

でも、もっとつらい現実と向き合っているヒトが、たくさんいらっしゃるのですよね。


そんな中、
この地震をきっかけに、それまであまり話したことのなかった、
お隣の方と接する機会ができました。

地域のつながりや、支えあうことの大切さをしみじみ感じています。


安否の確認で連絡をくださった方々にも、本当に感謝しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日から、おととい震度6強の地震があった静岡県にある、オット方の実家に帰ります。
現在お父さんが韓国に単身赴任中で、お母さんがひとりで生活をしているのです。


余震や原発など、
まだまだ不安な状況ですが、
少しでも早く、多くの方々に、
安心で安全な生活が訪れてほしいと願うばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご無事で良かった!

anzuちゃん、こんにちは!

東京より震源地に近い栃木でのあの大地震、大変でしたね。
でもanzuちゃんもご主人も無事で良かった!
何日か前、静岡が震源の大きな地震もありましたね。
ご主人方のご両親も大丈夫だったでしょうか?
心細いでしょうから、この連休はたっぷり一緒にいてあげてくださいね。

こういう事態になって、初めて気付く人の温もりってあるよね。
目を背けたい惨状も、現在進行形で起こっている予断を許さない事態も現実で、
今後もまだまだ色々なネガティブなこともあるのかもしれないけれど…。
でもでも人の心の温もりだけは変わらないし、変わりたくないと思います。

取りあえず、anzuちゃんが無事で本当に良かった。
生きていれば、また必ず会えるわね!

ありがとう!

>hちゃん

気にかけてくれてたんやね…
ほんまにありがとう!!

今回の地震を経験して、
あらためて阪神大震災の時のhちゃんたちのことを想ったりしていたよ。

お母さんのことが心配で訪ねた静岡だったけど、
お母さんは私たちの体を心配していて、
一緒にすごすことでお互いが安心できたという状況でした。

家族の大切さ、温かさをしみじみ感じたよ。


まだまだ気がかりなことはあるけれど、
ひとりでも多くのヒトが
物理的にも精神的にも温かさを実感できる暮らしができるよう、
自分にできることを地道に重ねてゆきたいと思っています。

ありがとうございます!

>jakurinさん

わ~あ、jakurinさん、コメントありがとうございます!
jakurinさんもご無事なご様子、本当に安心しました!


静岡に暮らすオット方の母とも実際顔を合わせることができて、
元気な様子にホッといたしました。
韓国に単身赴任中の父とも、メールで連絡を取り合っています。


jyakurinさんのおっしゃる通り、
この地震で
あらためてヒトとヒトのつながりを感じ、
想い合う気持ちの温かさにホッと救われる機会が何度もあり、
不安な状況ながらも、
与えてもらっているものがたくさんあると実感しています。


被害の大きかった地域の方々にも、
いつの日か、
そんな新たな希望が生まれる時が訪れることを強く願って、
自分にできることを重ねてゆきたいと思っています。

身近なヒトの笑顔や安心を引き出せるように努力することも、
広がってゆけば、大きな力になってゆくのではないかなあと信じています。


いろいろなことが落ち着いて、
またjyakurinさんとも楽しくおしゃべりできる日を、
心待ちにしています!

その後どうかに?

大地震大変だったね…
anzuも静岡のお義母様もご無事でよかった…

宇都宮の餃子食べたいなぁ~
予定がなかなか立てにくくなっちゃった。

またこっちに来る時、時間あったら遊んでね☆

ありがとう!

>momoちゃん

連絡ありがとうー!
こないだの電話も、とってもうれしかったよ!!

餃子はまた落ち着いた頃にゆっくり食べに来てちょ。

こちらこそ、またそちらに伺う際には遊んでちょうだいね☆

その節は、大変お世話になりました。pikiです。
3月11日は忘れられない日になりました。

地震のインパクトが強すぎて、地震ばかり思い出しちゃうけど…
anzuちゃんの温かいおもてなし、とても嬉しかったよ~!!

菜の花のからしマヨあえ(だったっけ?)やショウガの効いたスープ、コールスローなどなどとってもおいしかったです!
手作りお菓子もどれもこれも本格的なおいしさでした。きなこボーロが手作りできるなんて初めて知ったよ!

被災したケーキも美味しく頂きました☆

これに懲りずに、第二段もいつかやりたいです。(また地震きたらすごいね)

みちくんはもうすっかり忘れていると思うけど、大きくなったら、お話したいと思います。


ありがとう!

>pikiちゃん

あらためて、ていねいなコメントありがとうねv-22

あの日、あの時をpikiちゃん親子と一緒にすごしたこと、
今でも現実だったのかと不思議な感覚になってしまうけれど、
私にとっても忘れられない時間となりました。

こちらこそ、pikiちゃんの存在にずいぶん助けられたよ!

かなり前から計画して楽しみにしていたpikiちゃんたちのご来訪、
あの一瞬で大変な想いをさせてしまったけれど、
そんな風に言ってもらえると、とってもうれしいです☆

ぜひぜひ、
またいろいろおしゃべりしたり、
お菓子を作ってお茶したりしたいね。
(今度こそ、ゆっくりゆったりと!)


そうそう、暗闇の中で食べたきな粉ボーロは、
もっと口どけがよいものにしたくて、
あれから何度かレシピを変えながら作ってみてます。


みちくんの無邪気な様子にも、ずいぶん励ましてもらったよ。

成長していくみちくんに会うたび、
なんだか感慨深い気持ちになりそうです。


また会える日を心待ちにしてるね!
プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード