スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっちりオーブンパンケーキ

フィンランドへ旅した時に食べ、強く印象にのこっていたもののひとつ、「Pannukakkuパンヌカック」。
(↓お皿の中央左側にある長方形のもの。)
pannnukakku_suomi

ホテルの朝食で口にしたのですが、
もっちりとした食感と優しい卵の風味がフレンチトーストのようでもあり、
でもパンではなくて、「なんだ、これは?!」と、頭の中で???と考えながら食べたものです。

とっても素朴なんだけど、でもなんだか忘れられなくて、
ずうっと気になっていたのですが、ついにそれっぽいレシピを見つけ、ためしに作ってみました。

Pannukakku

「Pannnukakku」とは、フィンランド語でパンケーキのこと。
「フィンランドのパンケーキ」といえば、
もっと薄くて丸い、フライパンで焼くもののイメージが強いのですが、
こちらは天板に生地を流して焼きます。

ホテルで食べたむっちりしたものに近づけたかったので、
厚みが出るよう型の大きさを調整して作ってみました。

ドキドキしながらパクリとほおばってみると…
なかなかイメージに近い出来上がり♪
うれしくって、ちょっとテンション上がっちゃいました(笑)

こういう旅を彷彿させる食べものって、なんだか幸せな気持ちになりますね。
日本にいながらにして楽しめる、フィンランドなひと時でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

パンヌカックpannnukakku

>SPNさん

はじめまして。
コメントありがとうございます!

フィンランドに行かれたことがあるのですね。
たしかに、このタイプのパンケーキ、私も限られたところでしか見かけませんでした。
レストランなどでは一般的な丸いタイプのものが多いかもしれません。

ちなみにフィンランドでは木曜日にお豆のスープとパンケーキをセットで食べる習慣があるのですが、
その時に登場するのはこの四角いスタイルのものが多いようです。

前置きが長くなってしまいましたが…
お問い合わせいただいたレシピをお伝えさせていただきますね。

本来は天板に流して大きく焼くのですが、ちょっと量が多いので、私は18cm角の型で焼いています。

■パンヌカック Pannnukakku(18cm角型 1台分)

 [材料]
 薄力粉 60g
 強力粉 60g
 卵 2個
 砂糖 20g
 塩 小さじ1/2
 牛乳 500cc

 [作り方]
 ①卵、砂糖、塩を大きめのボウルに入れ、混ぜ合わせる。
 ②薄力粉と強力粉を①の中に少しずつふるい入れ、都度泡だて器でよく混ぜる。
  ※混ざりにくくなってきたら、分量の牛乳の中から50ccほどを先に入れてもよいです。
 ③生地を溶きのばすようにしながら牛乳を少しずつ加え、ダマにならないよう気をつけながら混ぜる。
 ④10分ほど休ませてから網でこす。
  ※生地を休ませている間に、オーブンを200度に温めておく。
 ⑤オーブンシートを敷いた型に流し入れ、オーブンで25~40分ほど、こんがりきつね色になるまで焼く。
 ⑥切り分けて、シロップやジャム、ホイップクリームなど、
  お好みのトッピングをしてお召し上がりください!

こんな感じでわかりますでしょうか?
ご不明な点などありましたら、お問い合わせくださいね。
朝食やおやつなどに楽しんでいただけたらうれしいです。
プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。