スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピパルカックpiparkakku、いろいろ。

フィンランドでクリスマスの時期に食べる、スパイスたっぷりのクッキー・ピパルカックPiparkakku。

ここ数年は、私も毎年いろいろと配合をいじりながらちょっとずつマイナーチェンジしたピパルカックを焼いているのですが、
そもそものコンセプトが異なるバリエーションがあるとうかがい、興味津々。

フィンランド家庭料理研究家の西尾ひろ子さんに、その作り方を教えていただきました。

piparkakku_ruis_valko_002

スタンダードなタイプの他に、
「これがピパルカック?!」と驚いてしまうような白い生地ものと、ライ麦の入った質実剛健な印象が漂うもの。

piparkakku_ruis_valko_007 piparkakku_ruis_valko_008 piparkakku_ruis_valko_006

白いピパルカックは、食感もしゃりっと軽くてお口のなかでさらっと溶けるよう。
スパイスの利き具合も、おだやかでやさしいのです。

ライ麦のピパルカックは、噛みしめた瞬間からライの素朴な香り。
最後に鼻からふうっと独特の芳ばしさが通り抜けてゆきます。

いつも食べるスパイスが主役な感じのピパルカックも好きですが、
これらのバリエーションもそれぞれのおいしさの個性があって、
また見た目にも変化がつくのがおもしろかったです。

一緒に行ったmomoちゃんと、ひと足早いクリスマス気分を満喫させていただきました♪


ひろ子さん、どうもありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。