ルーネベリタルトRunebergintorttuに恋して。

あさって2月5日は、フィンランド国歌を作詞した詩人、J.L.ルーネベリRunerberg氏(1804-1877)の、お誕生日。

runebegrintorttuja_004

彼の大好物だったというお菓子、ルーネベリタルトRunebergintorttu。

クリスマスに食べるジンジャークッキーPiparkakkuやアーモンドの粉が入った芳ばしい生地にシロップをしっとりとしみこませ、
甘酸っぱいジャムとアイシングをピカッと飾ったケーキです。

かくいう私もぞっこんで、今年も すでに何度か作っては、にやにやしながら食べております。

porvooseen_003 porvooseen_001 porvooseen_004 porvooseen_002

彼が暮らしていた街・ポルヴォーPorvooで初めて出逢った時には、
ここまで はまってしまうとは思わなかったんだけどなあ。

ジンジャークッキーPiparkakkuを砕いていれちゃうという作り方のおもしろさや、
奥さまにお願いして作ってもらい毎朝食べていた…というステキな逸話など、
なんだか惹かれる要素がいくつかあって作り続けてるうちに虜になってしまったようです。

runebegrintorttuja_003

もともとは残りもののジンジャークッキーを入れるはずのこのお菓子なのですが、
我が家では、それ用のものを別で焼くのがもう慣例。
しかも、クリスマス用より少ししっかりめに焼き、
生地にコクが出るようにしようとするマニアックなこだわりも(笑)

porvooseen_005

本来は、ルーネベリ氏のお誕生日に想いを馳せつつ、いただくお菓子。
毎年便乗しながら楽しませていただいている感じで恐縮ではありますが…

今年もおめでとうございます!ということで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード