スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のおまつりドーナツ

フィンランドで5月1日のメーデーはVappuという祝日で、春の訪れをよろこぶ日でもあります。
その日に食べられているというおやつ、ムンッキmunkkiを作りました。

munkki_vappu_001

ムンッキmunkkiは、粗びきカルダモン入りのふんわりもっちりとしたイースト生地のドーナツ。
揚げたては外側がさくっと軽く、意外にぺろりと食べられてしまいます。
やー、これは危険(笑)

munkki_vappu_007

Vappuに食べられているお菓子といえば、うにょうにょっと鳥の巣のような見た目をした、
ティッパレイパtippaleipäというカリカリの揚げ菓子もあるのですが、さすがにそれ↓をわが家で作るのは難しく…。

tippaleipa_vappu_001

初めて出会ったのは5月のあたまにヘルシンキを旅した時で、
スーパーに並んでいるのを見かけ、「なにこれ?!」と興味津々で購入したのでした。

その後、フィンランド語クラスのお仲間からおみやげにいただき、感激しながら食べたことも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなおまつり気分のおやつたち。
本来はシマsimaというイーストを発酵させて作る微炭酸ドリンクと一緒にいただくのが習わしなのですが、
準備していたものの完成が間に合わず…

仕方がないので、珈琲をお供にパクリ。
…いやいや、むしろ珈琲との相性は抜群でした~。
そもそもムンッキmunkkiは、Vappuに限らずふだんから定番のおやつとしてポピュラーなものなのですものね。

カルダモンの香りがヘルシンキのカフェを想い起こさせてくれて、ほっこりうれしいメーデーとなりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お役に立てたら幸いです。

> みゆきさん

はじめまして。
コメントをありがとうございます!

粗挽きされているカルダモン、
やはり日本で入手するのは難しいですよね。

私の場合は、
ホールのものを自分で粗挽きにして使っています。

大量に使いたい時(もしくはまとめて挽いてしまいたい時など)は電動のミルで、
少量の時は包丁で好みの粗さに刻んでいます。

これを加えると、ドーナッツはもちろん、
シナモンロールやジンジャークッキーなど、
現地の味に近いものが作れるように思います。

このようなお答えで、お役に立てるかわからないのですが、
ご参考になれば幸いです。

あのドーナッツの味、
日本でも食べれたらうれしいですよね♪
ぜひぜひ、再現して楽しんでいただけますように…!
プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。