スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かもめ食堂とベストランチ

■'09フィンランドの旅 6日目:7/8(水)


ホテルの朝ごはん。
今日は「子ども用」パンケーキが小さいまん丸のタイプになってました。
思わずまた手を出しちゃった私。

pikku pannnukakut

すみません~。
リュヴァーブとベリーの赤いソースをかけてパクリ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日遠出をしたので今日はのんびりスタート。
まずは朝のお散歩に出かけました。

sanpo01

↑国会議事堂。
迫力のある柱たち。

sanpo02

sanpo03 sanpo04 sanpo05

国立博物館Suomen kansallismuseo
バスやトラムでよく通りすぎていたのですが、実はまだ入ったことがなかったのです。
石のぽこぽこはまっている外壁や教会のような建物に惹かれ、近くを歩いてみたいなあとずっと気になっていた私。

sanpo06sanpo07sanpo08

中はまだやっていなかったのですが、お庭の中に入れたのでちょっぴりお邪魔させてもらっちゃいました~。

sanpo11

sanpo09 sanpo10 sanpo12

博物館の向こう側に抜け、ぐるぐる歩いた後、いったんカンッピの駅に戻り、ツーリストチケットを購入。

10番のトラムに乗るため停留所へ。
ちょうど乗ろうとした車両が行ってしまいそうでオットと走っていくと、
停留所で別の路線のトラムを待っていた女性が、ドアのボタンを押して私たちが到着するのを待っていてくれました。
なんて親切なお方!
そして、そんなやり取りが成り立つ環境にもびっくり。
何かが根本的に違うなぁ と、せかせかしていない 余裕のある暮らしや時の流れ方にうっとりしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
エイラEiraという高級住宅街のあたりをうろうろ。
建物を見ているだけでおもしろい。

sanpo13 sanpo14

Pursimiehenkatuに抜け、カハヴィラ・スオミKahvila Suomiへ。
そう、ここは映画「かもめ食堂」を撮影したお店。

実は私、映画は何度も観ていたのですが、こちらに実際訪れたのは初めて。
なんとなく実物のお店に行くのに積極的になれないでいたのですが、
今回オットの「行ってみる?」と言ってくれたひとことで立ち寄ってみることに。

kahvilasuomi01 kahvilasuomi02

うわさには聞いていたのですが、映画の「かもめ食堂Ruokala lokki」とはちょっと違った雰囲気。
オープンテラスで男性がお酒を飲んでいました~(笑)

中もレイアウトなどはずいぶん異なっていたのですが、
洗練されすぎない感じが、素朴で、ある意味フィンランドっぽいような。

シナモンロールKorvapuustiとムンッキmunkki、そしてコーヒーKahviを頼みました。

カタコトのフィンランド語でオーダーしたら、お店のお母さんみたいな方が、たくさんおしゃべりしてくださいました。
にこにこ笑顔に心がほぐれます。

kahvilasuomi03

ムンッキ、なんだか懐かしい味がしました。
カルダモンが練りこまれたふんわり素朴なイーストドーナッツ。

シナモンロールも手作り感にあふれていて、あったかさがつまっていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
デザインフォーラムフィンランドDesign Forum Finlandでお買い物。
お店の一部がカフェになっており、ショーケースをよく見ると、カックガレリアKakkugalleriaのケーキが。
カックガレリアはブレヴァルディ通りにあるおしゃれなケーキ屋さん。
フランス菓子っぽいケーキが並ぶ中、にんじんケーキPorkkanakakkuを発見し、お持ち帰り。

porkkanakakku42

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ケーキをホテルの冷蔵庫に閉まい、再びカンッピの駅へ。
地下鉄でひと駅となりのルオハラハティRuohalahti駅で下車。

metro21 metro22

かつてNokia社のケーブル工場だった、現アート複合施設、カーペリKAAPELIを目指します。

kaapeli01 kaapeli02 kaapeli03

kaapeli04

ここでのお目当ては、2002年に「ランチ・レストラン・オブ・ジ・イヤー」に輝いたレストラン、
ヒマ&サリHIMA&SALI」でのお食事と、
ホテル&レストラン博物館Hotelli-ja Ravintolamuseo」。

kaapeli05 kaapeli06 kaapeli07

先に博物館を見学。
お酒のボトルや調理器具、昔のメニューやホテルのお部屋などなど、興味深い展示物がたくさん。

kaapeli08

フィンエアーの昔の機内食に「東京-ヘルシンキTOKIO-HELSINKI」のものがありました。
何十年か前のものだと思うのですが、メインに「牛肉ステーキ柚子ソース添え」とあり、こじゃれたメニューに「おぉ~」(笑)

hima sali01

そして、お楽しみのお昼ごはん。

hima sali02 hima sali03 hima sali04

高い天井の空間に大きな窓からたくさんの光が差し込む明るくステキな空間。
メニューが複雑でなかなか解明できなかったのですが、
オットは茄子とバナナのカレーランチ、私はスチームしたサーモンのランチをチョイスしました。

カウンターでお会計を済ませたら、サラダを取ってメインが来るのを待ちます。

hima sali05

サーモンがふっくらしていておいしかったー!
付け合わせのオレンジ色のマッシュがほんのり甘みがあってなかなかのお味。
たっぷり盛ってあったのに、するする食べれちゃいます。

バナナ入りのカレーはどんな味かドキドキだったのですが、
隠し味的になっていたのか、バナナはそれほど主張しておらず、フツーにおいしいカレーといった印象。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目的も達成し、カンッピの駅に戻ります。
明日はもうヘルシンキを発つことになるので、まだ買いそびれていたおみやげを求めてぐるぐるお買いもの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
結局今日もへっとへと。
夕食は「温かいものが食べたいね」と、ピザ好きのフィンランド人が愛するピザチェーン店、KOTIPIZZAで、
きのことハムののったピザ「Capricciosa」をテイクアウト。

ちなみにトッピングにトナカイのお肉なんてのもありましたよ~(笑)

お店のおねえさんが「10分ほど待ってね」と言って生地をのばし、焼き上げてくれます。

kotipizza01 kotipizza02

さすがキシリトールの国、フィンランド。
ピザと一緒にキシリトールのタブレットをつけてくれました。(箱の上の白い四角。)

いそいでホテルに戻り、温かいうちに「いただきま~す!」

乾燥きのこに旨みがあって、おいしかったぁ。

フィンランド最後のディナーはこのようにお持ち帰りピザで締めくくり(笑)
でもここで暮らす人々の日常食っぽいものを食べてみたかったので、満足なのです。

あっ 冷蔵庫に大切にとってあったにんじんケーキもデザートでしっかりいただきましたよー。

porkkanakakku41

細切りのにんじんがたっぷりで、ぽっそり崩れるような軽めの生地。
スパイスはシナモンよりカルダモンの方が利いています。
トッピングのクリームの上に粉糖がしっかりかかっていた分、ちょっと甘みを強く感じました。
見た目がおしゃれなのはこのお店ならではかしら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明日の夜はもう帰りの飛行機なんだなぁとさみしく感じつつ、
けっこう毎日よくばったスケジュールで動きまわったので、すがすがしい気持ちも。

しっかり眠って最後の一日を元気に迎えるぞー!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。