スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘いイナヅマ

■お菓子のお勉強、その後。:つづき④


シュー生地レッスン最終日はこちら。
コーヒーとチョコレート、二種類の「エクレール」。

ecreil

棒状にしぼって焼いたシューにクリームを詰め、それぞれの味のフォンダンを塗って仕上げています。
(製作した翌日に撮影したため、表面にぴきぴきヒビが入ってしまっているのはご愛敬。)

コーヒーのカスタードは、ぜいたくにも豆を挽いて蒸らしたものを煮出した牛乳で作っており、
しっかりとした香りとほろ苦さを感じられる大人味。

チョコレートのカスタードも、ビターなチョコレートを溶かして混ぜ込んだ、濃厚なお味です。


上がけのフォンダンにかなり手こずりました~。
結晶化したお砂糖のペーストを火にかけ、それぞれの風味と色味を加えながら最適の状態にもっていくのですが、
温度の調整がとっても難しい!

塗るのもけっこう大変で、仕上がったものにあまりツヤがでず、げんなり。。


ちなみに「エクレール」とは、フランス語で「雷」や「イナヅマ」という意味で、
その由来にはいくつかの説があるそうです。
「中のクリームが飛び出ないようにイナヅマのごとく超スピードで食べなければならない」とか、
「焼き上がりのヒビが雷みたい」とか、「表面のツヤがピカッと光るイナヅマの閃光みたい」とか…

私の作ったイナヅマたちは表面のツヤこそなかったものの、
クリームだけは詰めすぎで食べる前からピュッと顔を出していましたよー。


次回からはいよいよ大詰め、アントルメに突入しまーす。
修了試験も近付いてきたし、がんばるぞうっ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。