スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体が資本です。

■お菓子のお勉強、その後。:つづき⑥


これがホントのラストスパート。
修了試験前の3回はこちらのアントルメを作りました。

ジェノワーズ生地とチーズのムースにフランボワーズジャムがアクセントになった、「アントルメ・フロマージュブラン」。

fromage blanc

イタリアンメレンゲで周りをデコレーションし、バーナーで焼き目をつけています。
土台にシュトロイゼル生地が敷き込んであったりと、かなり凝った作りになっていて、
これだけは試験科目に入って欲しくないなぁと切に願ってしまった一品。

フロマージュブランは非熟成のフレッシュなチーズなので、お味はさっぱり淡白。


ビスキュイ生地で洋梨のバヴァロアを包みこんだ、「シャルロット・ポワール」。

poire

バヴァロアにはピューレ状にした洋梨の果肉がたっぷり。
ビスキュイにしみこませたシロップにも洋梨のアルコールが入っていて、ほんっとーうに おいしかったぁ!
写真はひとり分にカットしてあるのでちょっとわかりづらいのですが、天面にかぶせたビスキュイはお花のかたちになっています。


ナッツたっぷりのダコワーズ生地でバタークリームをサンドした、「ミゼラブル」。

miserables

飾りのバラは花びらや葉っぱから一枚一枚マジパンで手作りしたんです。
難しかったけど、粘土細工みたいでおもしろかったぁ。
バタークリームがとっても濃厚で、かなり食べごたえのあるケーキでした。


「ミゼラブル」の日は修了試験の前日だったのですが、緊張のためか朝起きたらぐるぐるめまいが。
朝ごはんはおろか、気持ち悪くて水も飲めないような状態で家を出るのも危ぶまれたのですが、
なんとか力をふりしぼって学校へ。
そしたらなんとクラスのお友達にも同じような症状に陥ってしまった方が。
みんなプレッシャーの中でがんばっているのだなぁと思い、もうひとふんばりがんばろう!と励まし合って最後の授業を乗り切りました。

いよいよ次は修了試験。
筆記テストと、くじ引きで当たったお菓子を配合だけを手掛かりに作るという実技テストが待っています。

最後の最後で健康の大切さを身にしみて感じたので、夕飯とお風呂をすませたらすぐにおふとんに入り、その日を迎えたのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。