スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシュラン三ツ星の山へ。

シルバーウィーク初日、「たまには自然とふれあおう!」ということで、オットと高尾山に出かけてきました。

teppen02

高尾山に登るのは初体験の私。
たまたま前日にテレビで高尾山特集みたいなのをやっていたので、
コースや見どころなど(もちろんくいしんぼ情報も)をしっかりチェック。

高尾山はあのフランスの「ミシュラン」の日本版旅行ガイドで三ツ星に選ばれた観光地なのだそうですね。
都心から交通の便がよい上、大都市近郊に豊かな自然が溢れている、という点がポイントなのだそう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電車で「高尾山口駅」に到着、「おそうじ小僧」が出迎えてくれるすぐ脇の1号路から登り始めます。

osojikozou 「いってらっしゃい!れれれのれ~。」

緑の中を気持ちよく歩き進めるうちにテンションも上がり、スピードを上げていくと、
だんだん勾配がきつくなってきたことに気づきます。

「そっか、山道なんだから坂道なのよね。」
と、当り前のことに気づき、ペース配分しながら登ることに。

途中の金毘羅台でひと息ついて、さらに上へ。
よいしょよいしょと登っていくと、リフトの駅が見え、ほどなくケーブルカーの下車駅が。

「あっ天狗焼きのお店だぁ~!」

tenguyaki omise

テレビでチェックしていたお店を発見。
おやつでちょっとエネルギー補給をしていくことに。

tenguyaki →「ぱくっ」 tengu no naka

焼きたてのカリッと香ばしい皮の中に、黒豆餡がたっぷり。
お豆のつぶがごろごろ入っていて、ほんとにおいしい!!

tengu no hasikko

焼いた時にできる「みみ」の部分も、「好きなだけ詰めてってー」とかごに出してくれました。
これがまたカリカリしててたまらないのです。
捨てたりしないでちゃんとお楽しみにしてくれる、そんなところもいいですねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すっかり元気になってふたたび山道へ。
さきほどとは打って変わって平坦で歩きやすい道。緑に囲まれて気持ちよく散策します。

途中で「女坂」と「男坂」への分岐点が。
二人して男の道へ進むことに。

108段の階段が立ちはだかります。

otokozaka

この階段、一段ずつ登るたびに煩悩が取り除かれてゆくのだそうです。
高札に書かれた念仏のようなものを頭の中で唱えながら黙々と登ってゆきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

momijiya01

薬王院の手前にあった「高尾山 門前 もみじや」で自家製のおやきに魅了されるオット。

こちらのおやき、皮にはそば粉が入っているそうです。
野沢菜入りをひとつ購入。

oyaki

野沢菜の塩気がきつすぎず、さっぱりとした食べやすいお味。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

薬王院でお参りをし、階段続きの道も乗り越えながら、ついに山頂へ到着!

teppen01

うっすらですが、富士山も見えました。(写真だとキビシイですが・笑)
ちなみにオットは毎年夏に富士登山を恒例としており、今年ついに10回目を迎えたおヒト。
高尾山ですでに満足しきった私は「来年もお留守当番かなぁー」なーんてぼんやり考えておりました。

teppen03

ちょっぴり紅葉も始まっていましたよ。
しばらく頂上の景色を楽しみ、今度は下山。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
再び薬王院前のお食事処、「もみじや」へ。
こちらでお目当てのお蕎麦をいただきまーす。

奥のテラス席は緑を見ながらごはんをいただけるなんともステキな場所。

momijiya02 momijiya03

しかもこの18卓はあのビートルズのポールマッカートニー氏がお食事をされた席なのだそう。
ちょうどあいていたので、「おお!」と駆け寄ってテーブルに着くと、
お店のお姉さんが、「ここのお席、一番人気があるんですよぉ~」とほほ笑みながらひと言。
あは、私もミーハーですねえ(笑)

「天狗そば」と「とろろそば」を注文。とろろは冷やしにしてみました。

tengusoba hiyashitororo momijiya_men

平たくて太い田舎風の麺が食べ応えがあってとってもおいしい!
冷やしだとそのコシがまたしっかりと感じらて、うーん絶品!

天狗そばは大きな海老天、きのこの天ぷら、山菜、なめこ、大葉など、いろいろなものが盛られたよくばりな一品。
かまぼこには「天狗」の焼印が。

とろろそばは粘りのある大和芋に自然卵がポンとのっかっています。
黄身をつぶしてからめながら食べるとコクが出てまた違った味わいを楽しめます。

体を動かした後の幸せなひととき。お腹もココロもしっかり満たされました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰りは途中からリフトに乗ってみることに。
これも昨日のテレビで見て、ぜひぜひ乗りたいと目論んでいたのです。

lift01

木々の中を空中散歩するよう。
なんとも壮観です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無事下山。
「次回はどこのお蕎麦屋さんに行こうか~」なあんて、ふもとのお店をちらちらリサーチ。
お腹いっぱいのくせに、どこまでもくいしんぼなワタシタチ。


駅に向かう途中、和菓子屋さんで棒のような形をしたなんともおもしろいお菓子を見つけました。
さすがにもうお腹は容量オーバーなので、おみやげに一本買ってみることに。

takao omiyage01

ぽっくり口どけのよいおまんじゅうの皮に、これまたすっとほどけるようなやさしい口どけの白あんが詰まっています。
おまんじゅうの金太郎飴みたいな感じ。
ポコポコトッピングされた胡桃がヨイアクセントになっています。

黒いあんこのもあったので、今度はそちらにもチャレンジしてみたいなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひさびさに「休日!」という時間をすごせた気持ちのヨイ一日でした。
あぁ 楽しかったぁ~!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

高尾さん

高尾山は実家の沿線なのに、一回しか行ったことないのよね。
また行きたいね。
今行けば、富士山はもっとはっきりくっきりだろうね。
この頃でもう紅葉が始まっているんだね~。

やまのぼり

>momoちゃん

高尾山なら私たちもOKな範囲よね(笑)
一緒に行けたら楽しいだろうなぁ♪

お蕎麦屋さんでマッカちゃんのことを想ったよ。
行ったことあるかなあ?
プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。