スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでもカルダモン

こちらにちょこちょこフィンランドのおやつのお話を書いていたところ、
父から「カルダモンって何?どんな味?」との問い合わせが。

korvapuusti_m_01

こちらのフィンランド流シナモンロールKorvapuustiにも入っているカルダモン。

カルダモンはインドを原産地とするショウガ科の香辛料で、
エキゾチックな香りとほんのり苦味のある独特な味わいをもっています。
(言葉で表現するのが難しいのですが…)

親しみやすいところだと、カレーやチャイなどに使われていて、辛いお料理にも甘いお菓子にもあう便利なスパイスなのです。

食べるためだけでなく、口臭消しなどにも活用できるそうですよ。

kardemummat ←写真があまり上手に撮れなかったのですが…実際はもっと黄緑色。

パカッと割ると中から黒いつぶつぶが登場。
これを砕いたりして使います。


ちなみにフィンランド語では、Kardemummaカルデムンマ(ルは巻き舌)と発音します。
「カルデムンマッ。」

フィンランドで食べる甘い焼き菓子やパンにはだいたい入っていました。
ほんと、なんでもカルダモン。
お家でカルダモン入りのお菓子を焼くと、フィンランド気分にひたれてうれしくなります。


ちなみに向こうで使われているカルダモンは粗びきになっていて、
そのかけらが口の中でプチプチ砕かれることにより、香りや味わいをより印象的に楽しむことができます。
でも残念ながらなかなか日本では手に入れることができないんですよね。。

なので、こないだフィンランドに行った時には、ここぞとばかり大量に購入してきました。

kardemumma_s kardemumma_hak

左がスーパーで買ったタンクみたいな容器に入った大容量のもの。
右はハカニエミの屋内市場で買った量り売りのもの。

市場のものはおばさまが袋に詰めてきゅきゅっとしばってくれたのだけど、
ななめがけバッグにポンと入れてホテルに戻ったら、かばんの中が超カルダモン臭!という ちょっと悲惨なことに。

や、お菓子に程よく利かせてある分には心地よくいただけるのですが、ダイレクトなにおいは結構な刺激なのですよ。。

tabibag

↑旅の香りに染まったバッグちゃん。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お父ちゃん、こんな説明でわかったかなぁ?
やっぱりいっかい食べてみなわからへんかなぁ??
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

anzu

Author:anzu
甘いものを作ること&食べることと
フィンランドが大好きな、
のんびりマイペース主婦。

2010年10月より、
栃木県民になりましたー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。